AGAがもたらすストレスとその対処方法

AGA(男性型脱毛症)、男性なら誰でも心配なことではないでしょうか。若い時は薄毛だハゲだ禿だとバカにしていた存在に、いつの間にか自分がなりかけている、と思うと、なんとも言えない不安感に陥ります。

AGAは病気ではないので、体に何の影響も与えません。でも心に多大な影響を与える症状なのです。
私の体験をいくつか述べますと、私は20代後半から「何となく抜け毛が多いな」と感じ出しました。30代になると、前髪から頭皮が何となく透けて見えるようになりました。

この頃にはもう心には「薄毛」を心配する癖ができていました。テレビを見れば、「あ、この人薄くなったなー」と思いますし、抜け毛が一本落ちていたら「抜けてる…」と思いますし、シャンプーで手についた抜け毛を見ると「しまった…」と思ってしまいます。

他人や家族からは「別に薄くないけどな…」と言われても、不安は抜けません。将来の自分の薄毛の姿を想像すると、何か不愉快でなりませんでした。AGAによる薄毛、これは精神にとても大きなストレスとなりました。そしてそれは継続的に感じるストレスでした。ずっと続くと思うと、更にストレスでした。

そんなストレスを一度に消し去ってくれたのが、AGA対策の薬でした。医薬品ですから、効果は確実に見込めます。飲む限りは、右肩上がりの改善が保証されています。このAGA対策の薬を飲むことは、薄毛によってもたらす煩わしいストレスを取り除き、気楽に生活したい人にとって、とても価値あることだ、と実感しました。

AGAは非常に大きなストレスを生み出します。でもそれは簡単に消すことができます。ですから、早めに医学的に対策して精神衛生を向上させることをお勧めします。